fc2ブログ

記事一覧

ツイッターで言っていた内容を最近の内容から其の侭載せます1 言葉が悪いのはご了承下さい,,

自身の経験も含め見て本当だと思える人物が書いた集ストの手法と内容を載せます

 集団ストーカーには大きく分けて4タイプの被害現象。人間が姿を見せて付け回す(監視)、電磁波で音声送信や思考盗聴(情報収集)、電磁波などで攻撃や刺激(攻撃)、それに身体操作や思考操作(行動操作)これらを組み合わせて個人個人の人間を操れるか実験をされている。世界規模で実施の模様。


 組織外ストーカー:企業ストーカーとも言います。
ターゲットの外出時(日常生活)を含めてパワハラを実施します。この工作にカルト宗教団体を利用することもあります。
特に宗教が資本となる企業等の従業員が不正情報を握っている場合などに、それを抹殺する目的でこの手法を使います。


 組織内ストーカー:職場ストーカーとも言います。
ターゲットが勤務している組織内でパワハラが実施されます。
※組織内にて蔓延増幅した怨念・復讐の感情に起因します。
【工作例】
・特定従業員が組織的に暴言奇声を吐いたり、SNSを通じて入手した個人情報をほのめかす。 など。


 企業パワハラで実施される「企業ストーカー、職場ストーカー」(セクハラスは除く)とは、実はいい加減に実施しているのではなく、あるシステムに基づいたハラスメント手法(集団ストーカー)を行使しています。大きく分けて2通りあり、組織内ストーカーと組織外ストーカーに分けられます。


 集団ストーカー:社会的暴力による人殺しとしか言いようがない。普通の殺人事件より何倍も残虐。死ぬことに恐怖や苦痛を感じるのが通常の人間の反応であるのに対し、死ぬ方が楽だと感じるほどの精神的苦痛を与え、自ら命を絶つ決断をさせる。殺人以上の殺人。自殺した人や、殺された人の責任を取れ。


[不正行為隠ぺいシステム]
 雇い主は自らの立場が悪くなり、不正が漏れると組織が崩壊する可能性があることに困窮すると、「黙らせる方法が一つだけある」と、請負団体に工作を依頼するのです。ここからは、いかにそのターゲットが悪人であると仕立て上げるような工作を実施するのです。


 集団ストーカー手法を利用する組織は、少なからず不正行為を実施した経験があります。結局のところ、こんな手間がかかるような行為をあえてするのは、不正行為や悪質性を覆い隠す目的があるのです。


 様々な手法によりターゲットに対して首謀者側の精神を刷り込もうとするこの攻撃が連続発生することでターゲット行動が狭まれ、弱い被害者は自殺したりするのです。


・統合失調症と同様な症状を意図的に作り出し、被害者を精神病人に仕立て上げる行為
・ターゲットの人生価値観を全否定する行為
・ターゲットの収入源等、社会生活基盤を断ち切る行為


 加害者の犯罪行為を黙認して、被害者をあたかも犯罪人として仕立て上げる行為
・やってもいない事を、やったと言わせるような場を仕立て上げる行為

 些細な工作を依頼された加害者には到底理解できない陥れテクニックが隠されており、ターゲット側は別名「殺人以上のストーカー」と呼びます。決してターゲットが精神病人なわけではありません。「防犯」を名乗る団体からそのように仕立て上げられているだけです。


 ターゲットのあらゆる感情面、行動面、思考面が攻撃、抑制、洗脳され、ターゲットの活動が破たんする非常に危険な仕組みなのです。


 頼まれた第三者側は、ターゲットと出会った契機で依頼されたことを実行します。
一人一人の行為(加害)はとても小さな事ですが、些細な行為が数万回も引き起こされれば生命にまで関わるような事態が発生します。


 多くの市民は安全のために防犯パトロールをボランティア精神で参加しますが、一部の権力者がこのシステムを不当に利用(悪用)します。


 この手法は、各都道府県が定める「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(迷惑防止条例)」に違反する行為です。


 このシステムにおける首謀者並びに請負側は、自分達が常に正しいと思い込んでいます。そして、ターゲットを陥れるような理由を仕立て上げ、協力加害者に加害行為を依頼します。


 ターゲットを大勢で取り囲むことにより、ターゲットをマインドコトロールするような手法です。多数の仄めかしによってターゲットを操り人形のように操作しようとします。


 政治理由の場合はもちろん政治妨害です。政治妨害は極めて熾烈な妨害が存在します。例えばある候補者の選挙演説になると、決まって多数の障害者が現れる等の事例も存在します。政治家でない人が、たまたま政治に関わる職業にいただけで、ターゲットにされた例もあります。


 宗教理由の場合は脱会阻止、宗教関係者との言い争い(近所トラブル)等があります。ある人が、たまたまゴミ捨てマナーが悪い人に対して注意をしたら、注意された人が宗教学会組織に加盟していたため、ターゲットにされてしまった例は多く報告されています。


 工作には身内をも利用し、最終的な犯人を親、兄弟、親戚と仕立て上げ、「親がやっているからいいのだ」等と世間の同情を買う理由をでっち上げるのが、報告されている中で多い事例です。


 工作の効果が見られない場合、ターゲットが人間不信に陥り孤立していることを周囲に見せしめます。ターゲットに対し「周りにコンタクトしないのはおかしい」等と、周囲(工作員たち)に相談するような場を仕立て上げます。これをミスリード手法と言います。


 ターゲットが警察に相談すると、一切捜査はせず精神病院を紹介されたりします。警察官が工作に加担する例も見られます。警察(生活安全課)が被害を受け付けないのは、集団ストーカーを実施する組織から得られる情報網が有用であるというのが、大方の見方です。


 嫌がらせ手法によって、ターゲットがキレたり、怒鳴ったり、近隣に対して苦情を申し出るよう促します。実際に周囲(加害者)は何もしていないという環境をでっち上げ、ターゲット一人のみが騒ぎ立てるような場を作り上げます。


 「ターゲットは叩かないとわからない人物」的な観点でこの工作を第三者に依頼、実施し、これら集団ストーカー手法を利用してターゲット追い詰めて孤立化させます。


 尾行や監視盗聴・盗撮をしなければ知りえないこと把握したうえで、ターゲットを取り巻く全環境にて、ターゲットがいかにも悪人であるような場を仕立て上げるしくみです。


 ターゲットは誰であれ、集団ストーカー行為は手法として確立・マニュアル化されています。企業が依頼する場合、会社の不正行為を覆い隠す目的や個人リストラ目的があります。工場、もしくはそれに近い形態の業種で実施される傾向が多く報告されています。


 ストーキング行為と向き合い「克服」する必要は全くなく、このような盗聴、諜報システムが常時稼動されている体質に問題があります。加害行為によってターゲットを「ひきこもり状態」にさせる


 このような工作を利用する組織は、自らの力がいかに強大であるかを誇示する目的がある他、一切自首ができないという臆病者が取る常習手段であるというメカニズム


 Twitter のような、管理者が首謀者である集団ストーカー行為は、一定の加害域まで達すると、加害規模と時間を増やすだけの「言い訳、ごまかし、やらせの緩衝工作」となるのも特徴です。ターゲットが嫌でも一方的に仕掛けられる自殺強要ストーキングの一面も有し自殺者が出ることもあります。


 集団ストーカー工作のメカニズムを一切説明しないまま、「伝言ゲームをしている」等という理由をもって、常習として子供を利用して実施することがあります。たいへん悪質かつ反社会的な手法です。


 ストーキングには、防犯パトロール所属員や宗教学会工作員、時には事情を知らぬ一般人を利用したりします。協力してもらう工作員による一人一人の加害は些細ですが、ターゲットにとっては甚大な「自殺強要ストーキング」になります。


 最終的に、ターゲットの信用がなくなる場所を仕立て上げ、ターゲットの持っている疑念とともに、不正情報も同時にが消え去るようにするというのが、企業における集団ストーキングの常習工作パターンとなります。


 ターゲットが工作に疑念を感じるようになると、ターゲットが悪人にすり替わるような理由を探し出し、大勢でターゲットを責めて囲い込む工作を実施します。


 集団ストーキングによって画策された、「決して信じてもらえない怪現象」は、「人(つまり集団ストーキング実施者)と粘り強く対話することによって乗り越えられる」等と言いくるめ、ターゲットに話(攻撃)に耳を傾け続けるよう仕向けます。ターゲットを囲い込む破綻手法です。


 不正隠蔽の手口の第一歩は、例えば社会阻害等と主張しターゲットを「統合失調症」に仕立て上げるなどして隔離・孤立させ、追い詰められた先にあるのは、自殺か、精神病院への収容等であると考えるように、誘導を画策することです。

 企業の不正行為等に気付いたターゲットを尾行盗聴した上で、不正情報と尾行盗聴行為を隠蔽するため、これらをターゲットに「決して告げず」、尾行待ち伏せ専門の特殊な工作員の不可解な行為によって、それらしき諜報活動を「実施している事を刷り込み」、ターゲットをパニック状態に陥れます。


 宗教学会員を従業員として雇い入れる慣習繰り返されると、社内における宗教学会員の力が暗黙的に強くなり、宗教学会に会社が乗っ取られるようなケースにも発展することもあります。


 退職した従業員を元に戻すという職場ストーカーも数件報告されていますが、会社が何らかの利益を享受した証として、宗教学会員を従業員として雇い入れる等の契約がなされるケースが多々あります。


 自ら大企業であると慢心し、これら違法行為(集団ストーカー行為の継続)が企業運営(リストラや企業精神の埋め込み等の理由)に必要であると認識したり、それが社会制度であると勘違いして、集団ストーカーという違法行為を容認、利用しています。


 ターゲットが所属する組織の責任者(会社で言えば社長など)は、「自ら防犯を名乗ってこのような手法を実施する団体」(大抵は宗教学会が多い)に負い目(または信仰のようなもの)があったりします。


 ご近所トラブル等(例えば相手がたまたま宗教学会員)を発端とし、ターゲットがその加害者から一方的に非難を浴びている状況下で、ターゲットが何も悪いことをしていないのにも関わらず、その組織内で集団ストーカー手法が実行されるケースがあります


 宗教脱会や政治案件のケースの場合は、一方的に「仏敵」というレッテルを張られ、ターゲットが破滅するまで集団ストーカーが続けられます。


 多くの集団ストーカー事例が長期化するのはこの「固定された善悪判断」が原因で、首謀者、請負側はターゲットが破綻するまで(もしくは洗脳されて気が変わるまで)実施する等の思想を持つことになります。


 「犯罪」と記載しているのは、この手法が憲法、刑法、民法、条例に違反する事例が存在することです。また首謀者自らが悪事を働くのではなく、このシステムを知らせず未成年の子供を使ってまで工作を実施することが問題なのです。

 ターゲットが行きそうな場所には全て工作員を張りつかせる仕組みです。そしてその規模を大きくすることで、首謀者、請負側が実施した尾行の悪質性、陰湿性を覆い隠す仕組みになっています。


 「ターゲットがどこにいても考えることがわかる」「これが私達(首謀者)の力だ」等と鼓舞されるのが特徴です。行動予測、実況中継だけでなく、感覚、感情、思考等を継続的に挿入することで、ターゲットを脅迫したり、洗脳したり、暗示したりすることもできます。


 ターゲットは常に見張られている、行動を予測されている、というような極度の緊張状態を24時間365日受けることによって、精神的に陥られる手法なのです。簡単に言うなら「パワハラ」です。


 宗教学会が自らの一方的な判断のみでターゲットを選定し、その人物に社会制裁を与えるという大義名分をもって(ターゲットが拒否しても)一方的に(ストーカーのように追跡して)集団でこの犯罪に組み込みます。


 ターゲットは、宗教めいた、あらゆる洗脳手法によって混乱します。どの手法も尾行したり盗聴したりしなければわからないことをチラつかせる技術です。行動情報を取っておき、ターゲットが著しく社会性を持たない人物であるとでっち上げるあらゆる理由を探し出します。


 BMI犯罪とは、ターゲットに嫌がらせを実施する過程にて、洗脳により脳活動を乗っ取るような仕組みを用いた犯罪のことです。

 多勢に無勢という構造のもと、大多数の首謀者側論理が強くなり、弱いターゲットの声はかき消される仕組みです。そして疎外活動に賛同できない者(心やさしい人が多い)は組織を退職、脱退したり、させられたりします。


 本人は嫌でも、強制的に加害行為に参加させられるケースもあります。例えば集団ストーカーの知識がない人に対して、大勢で「これが本人の為になる。それでいいのだ」と押さえつけ、会社が従業員を業務命令として組み込むのです。


 これまで集団ストーカーシステムは「報復が怖いから報道はしない」「仕組みが漏洩したことがバレると制裁を喰らう」等々、様々な理由で隠ぺいされてきました。


 宗教学会の工作員は、加害活動を行ったにも関わらず、自分もそんな目に合いたくないという理由で怯え口をつぐんでしまいます。そして「言わないことが本人のためになる」という言い訳を信じて下を向き知らぬふりをします。これが「臆病者の社会システム」の正体です。


 請負団体にとって集団ストーカーは「ビジネス」です。工作のためなら子供を利用することさえあります。「不正に厳しい目を徹底的に潰せ」という思想が、加害工作員に出回る頃にはターゲットの「不良素行を徹底的に潰せ」にすり替わります。刷り込まれた嘘の正義です。


 「不正行為隠ぺいシステム」を利用する組織は不健全で腐敗していますが、利用した側が正しいという論理にすり替えられ、世の中に流通する「正しいと称される」手法として横行しています。


 不正情報を入手したターゲットを「黙らせる方法が一つだけある」という概念が、企業などに浸透しています。それが「不正行為隠ぺいシステム」、すなわち集団ストーカーです。目的は、圧力による不正情報の隠蔽です。


 ターゲットを足止めしつつ長年にわたって攻撃を行う手口の教育は、宗教的な「洗脳」がなければ不可能です


 工作を実施する「首謀者」(ツイッター運営会社もそう)の請負団体は、長年圧力をかけて、集団ストーカーに関する正しい知識が身に付くHPを葬り去ってきました。


 ホームページに事例があれば自分と同様の被害状況を見つけることができますが、集団ストーカーのHPはオカルト的だったり、断片情報だったり、工作員によって仕立て上げられたりすることが多く、ターゲットは自分の置かれている立場を客観的に把握することができません。


 ターゲットが何らかの工作行為に気付いた場合、誰かに相談したり調査したりします。しかし個人で調査するには、資金的、能力的、共に限界があります。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辰

Author:辰
集団ストーカーに関する内容を書いています
今迄はツイッターでずっと呟いていたが組織にとって都合が悪いんだろうと思われますがアカウントが4つロックされました
ツイッター管理会社と組織が癒着繋がっているのは本当だろうと思われます
仄めかし内容を考えると幸福か創価信者等の圧力影響力が強い
自分の場合は組織の手法特有の監視もされています

最新コメント